Tom.notes();

Computer Scienceや読書のメモ

Stochastic Point-based Rendering

 

SPBR Processing Procedure

 点生成

  • ユーザが,不透明度αとリピートレベルLの値を決める.
  • SPBRの式より,ユーザが望む不透明度αを実現するために必要な,理論的な点数n_theorが求まる.
  • 計測点群の点数をn_rawとして,n_theorとn_rawの値を比較する.
    n_theor < n_rawの場合,ランダムに点をコピーした後,全体をシャッフル.
    n_theor > n_rawの場合,ランダムに点を間引く.
  • SPBRは,点数で不透明度をコントロールするため,特徴領域を強調可視化する場合は,特徴領域の点を増殖させる(点をコピー).
    → 特徴領域の点数が多くなる.
    → 特徴領域の点密度が高くなる.
    → 特徴領域の不透明度が上がる.

 

点投影

  • 増減を行った点群を,L(リピートレベル)個の統計的に独立なアンサンブルにランダム分割する.
  • 各アンサンブルごとに,隠点処理を行いながら画像平面に点を投影し,L枚の中間画像を生成する.

 

最終画像生成

  • L枚の中間画像をアンサンブル平均して,最終画像とする.

 

 

Article related to SPBR

tom0930.hatenablog.com

 

 

tom0930.hatenablog.com

 

 

tom0930.hatenablog.com

 

 

tom0930.hatenablog.com

 

 

tom0930.hatenablog.com