Tom.memo();

Computer Scienceや読書のメモ

「データセンス」の磨き方

 

「データセンス」の磨き方:一瞬で数字を読む力をつける~

「データセンス」の磨き方:一瞬で数字を読む力をつける~

 

 

第Ⅰ部 「データセンス」とは

Chapter1 データセンスの基礎知識

  • データセンスでは,少しの誤差であれば「計算は間違ってもいい」.
  • データとは,数字や情報のこと.センスとは,感覚,感性のこと.
  • 数字は単位とセットだからこそ意味をもつもの.
  • 数字は比べることで意味をもつ.
  • 2桁変わると世界が変わる.
  • 数字で考えるというのは,「量」を具体的に考えるということ.

 

Chapter2 データセンスがあると毎日が変わる

  • 問題解決のできる人は,会社が変わってもどんな状況でも冷静に問題を分解して考え,様々な背景を考慮して行動しながら価値を生むことができる.

 

Chapter3 いまなぜ,データセンスが必要か

  • 「正確性」が大切なのではなく,いかに頭の中だけで解けるようにズルをするか,いかに自分が一番解きやすい方法で,最短で解けるかがテーマ.
  • 大切なのは,「疑ってみる」という姿勢.

 

Chapter4 データセンスはどんな人に必要か 

  • 「ざっくり」感というのがビジネスにおいて,あるいは,我々が物事を判断するときに非常に大事な指標になる.
  • 正確性よりもむしろ,ざっくりとした表現が求められる.

 

Chapter5 データセンスの身につけ方

  • 現実社会で大人が解く必要のある問題は,
    ・「答えが何種類もある」か,「そもそも答えがない」
    ・明確な正解というよりは,皆が満足する最適な落としどころを見つける.
  • 自分で工夫しながら自分なりの最適解を見つけていく,それが自分のスキルへと変わっていく.

 

Chapter7 データセンスの内容は?

  • 物事を習得するときの流れで,「守・破・離」という考え方がある.
  • 「守」がまずは「型」を守ること.マナーや礼儀のようなもの,基本動作.
  • 「破」がその型を少しずつ破ること.その型以外の考え方を持ち込み,少しあれんじをくアレンジを加えたりすること.
  • 「離」が破のさらなる応用.自己流のやり方で物事に取り組むこと.

 

関連記事

tom0930.hatenablog.com