Tom.notes();

Computer Scienceや読書のメモ

Detailed 3D laser scans of Notre Dame Cathedral captured by late historian could be used to save the building, as officials pledge to restore it in the wake of the fire

Article

www.dailymail.co.uk

f:id:tom0930:20190417113916j:plain
レーザ計測によって得られたノートルダム大聖堂の3次元点群(10億点以上)

Contents

  • 研究者であるAndrew Tallonによるノートルダム大聖堂の3次元計測は,壊滅的な火災にとっての取り柄となりうる.
  • Tallonは,レーザとパノラマ写真を使用して,歴史的建造物の詳細なデジタルコピーを作成した.
  • Tallonの画期的な研究は,大聖堂がどのように建てられ,時間とともにどのように変化してきたのかに関する手がかりも明らかにした.

  • 具体的には.Tallonは回転式レーザ計測器を用いて,50以上の地点から大聖堂の内部と外部を詳細に計測した.

  • ノートルダム大聖堂の他のデジタルスキャンと異なる,Tallonの最も画期的な研究成果は,単に現在のデジタルコピーを作るだけでなく,時間の経過による変化までも作成したことである.
  • 建造物,特に古い建築物は,天候やその他の要因によって時間の経過とともに,徐々に変化する傾向にある.
  • その変化を比類のない正確さで保存することにより,Tallonによる建造物の変化の分析は,ノートルダム大聖堂がどのように建てられたかを明らかにするための画期的なツールとなった.

Words

  • saving grace (欠点を補う)取り柄
  • an exact digital copy 精密なデジタルコピー
  • groundbreaking work 画期的な研究
  • in the wake of a devastating fire 壊滅的な火災の直後
  • Specifically, 具体的には,
  • the interior and exterior of the church 教会の内部と外部
  • with unparalleled precision 比類のない正確さで