Tom.notes();

Computer Scienceや読書のメモ

気配りの習慣

 

 

第1章 ハイクラス感は結果を生む

  • イクラスの人は,相手を大切にするからこそ,自分も大切にされることを知っている.
  • 文句を言うことや,ネガティブな行動をとることは,自分の株を下げる行為でもある.
  • 人は「大事にされている」と感じると,そこに「心地よさ」を覚える.
  • 自分の見せ方を常に考えているので,外見,服装,立ち居振る舞い,言葉がけ......ハイクラスの人にとってはすべてがプレゼン.

 

第3章 最高の気づかい

  • さりげなく親切にする.最初はぎこちなくても問題ない.
  • 「手伝えることない?」の一言がファンを増やす.
  • 自分がどのように他人に貢献できるかを考え,人脈だけでなく,知恵や情報も惜しげなく周囲に提供する.
  • 相手の仕事の領域を大切にすること,個の役割を尊重することは,とても重要なこと.
  • もてなされるときに,お礼として何か小さなプレゼントを用意するなど,喜びの気持ちを大きく表現する.決して相手の負担にならない,金銭的にも負担だと感じさせないもの.それが彼らの心配りであり,思いやり.もらった側はそんな心遣いを忘れない.

 

第4章 ファンが増える会話術

  • 仮に知っていることがあっても,「知っている」という態度を取らず,話を聞く.
  • 相手が誰であろうと常に教えてもらう姿勢をもつ.
  • 人は勝手に他人をイメージ化する.
  • 相手の言葉を決して否定せず,明るい未来を見せることで,モチベーションを上げる.
  • イクラスの人は,仕事柄,頼りがいがあって,非の打ち所がなく,近寄りがたいという存在感をかもし出していることが多い.
  • プライベートとビジネスのギャップが大きい人のファンになることがある.
  • 「私は特別な人間ではない」という意識づけをするために,自らプライベートな話題を出しながら,相手の緊張をほぐす.
  • 出会う前に相手の経歴,趣味や好きなものから,自分の趣味や嗜好との共通点を見つけ,最初のコミュニケーションの糸口になることを調べておく.
  • 初対面に限らず,共通点や相手が大切にしていること,相手のポリシーなどを知っておくことも大事にする.

 

第5章 差をつける行動力

  • レスポンスが遅くなる場合は,丁寧に「後でしっかり読み込んでからお返事しますね」という経過報告を必ずする.
  • 相手とのやり取りを優先させることで,相手を大切にしている気持ちを伝えることもできる.
  • 仕事を進めていく中で,信頼を得ることは何よりも大事なこと.その中の一つが,やり取りのスピーディーさや丁寧さ.

 

第7章 いざ,実践

  • 大切なのは,お手本となる方を観察するだけでなく,自ら真似をしてみること.話し方,振る舞い,服装,ビジネスの手法など,観察するところはたくさんあるはず.
  • 何事も習慣化するには,21日間続けることが必要.