Writing for Computer Science - Chapter11

 

Writing for Computer Science

Writing for Computer Science

 

 

Chapter11
Graphs, Figures, and Tables

  • グラフィカルな卓越とは,少ないスペースと時間で,見ている人に多くのアイデアを与えれることである.
  • グラフィカルな情報がない(文字ばかり)と,読者は飽きてしまう.
  • 読者に視覚的な要素を提供することで興味を誘い,中心となる結果やアイデアを強調する.

 

Graphs 

  • グラフを適切に使えば,数字をエレガントに要約でき,実証したい事柄を明確にすることができる.
  • プログラムの出力結果ではなく,仮設の証拠を支援するために,情報を示すべき.
  • 各グラフでは,新しい情報を伝えるべきである.グラフの多様・反復は避ける.
  • グラフはシンプルであるべきで,乱雑さを最小限にしなければならない.
  • 一般的に使われるグラフ作成ソフトの多くは,ほとんど価値の無い機能を提供している.悪いことに,それらの機能がデフォルトで使われている.
  • グラフは,結果が実証される重要な場所である.
  • グラフが結果を伝えるのに効果的であるという保証をするために,注意が必要.

 

 Words

Graphs

  • concern style issue スタイルの問題に関わる
  • convey new information 新しい情報を伝える
  • transient 一時の,瞬間的な,はかない
  • reams of numbers 数多く(多量)の数字
  • a minimum of clutter 最小限の混乱
  • interpret and present data データを説明し提示する
  • distinctive marks 示差的な目印
  • sufficiently distinct 充分に明確
  • optical illusion 錯視
  • crosshatching 細かい平行線の交差によって陰影をつけること
  • shimmering 微かに光る
  • some colors are more conspicuous than others 他より目立つ色がある
  • implicit statements 暗黙的な記述
  • unnecessary ornamentation 不必要な修飾
  • legend 凡例,説明文
  • awkwardly placed ぎこちなく位置している
  • tick しるし
  • asymptotic growth rates 漸近的成長率
  • may yield もたらすかもしれない
  • innately tabular 先天的に表形式
  • deceptive 当てにならない
  • jointly determine 共同で(連帯的に)決定する
  • a quantity that is wholly positive 完全に正の数
  • space wastage スペースの無駄
  • The only reasonable inference 合理的な唯一の推理

 

Diagrams

  • serve many purposes 多くの目的を果たす
  • entity 実体,実在,本体,存在
  • conform 従う,一致する
  • A novel visualization (良い意味で)新しい/新奇な可視化
  • potent demonstration 説得力のある証明
  • combine inappropriately 不適切に結合する
  • here, primarily concerned with ~ ここでは,主に~に注目する(対象とする)
  • keep it as sparse as possible 可能な限り希薄に保つ
  • Pictorial elements 図形要素
  • sole reason 唯一の理由
  • dashed line 破線
  • flawed 欠陥がある
  • cheesy 安っぽい
  • messy intersection 乱雑な交差
  • auxiliary 補助の,予備の
  • preferably なるべく

Tables

Captions and Labels

Axes, Labels, and Headings