Tom.notes();

Computer Scienceや読書のメモ

KVS関連

KVSの可視化パイプライン

 

KVSにおける可視化パイプラインは図4.4の通り.

f:id:tom0930:20180515160552p:plain

1. Importer

  • データをKVS可視化パイプラインで扱えるデータ構造(Object)に変換する.
  • 例えば,
    点群データをPointImporterで読み込み,PointObjectへ変換.
    構造型ボリュームデータをStructuredVolumeImporterで読み込み,StructuredVolumeObjectへ変換.
    など.

2. Filter

  • 次のMapperのための前処理を行うために,ImportされたObjectに対してデータ削減や補間処理を行う.
  • 例えば,三重線形補間など.

3. Mapper

  • Objectに対して,Rendererのために点やポリゴンなどの幾何形状データに変換する処理を行う.
  • 例えば,Objectに対してマーティングキューブ法で等値面を生成する場合は,MarchingCubeを通してPolygonObjectに変換する.

4. Renderer

  • Mapperで処理されたObjectに対して,適切な描画方法で画像を生成する.
  • 例えば,
    PolygonObjectに対して,PolygonRenderer.
    PointObjectに対して,PointRenderer.
    VolumeObjectに対して,RayCastingRenderer
    など.